準備なし!簡単好感度アップメソッド

求人に応募したときに重要な好感度

ITエンジニアとして転職を遂げるためには求人に応募して書類選考を通過し、さらに面接選考を通して必要だと納得できる人材だと理解してもらわなければなりません。面接選考を切り抜けるためにはただスキルが優れていて実績があるだけ十分であるとは限らず、逆に能力面が不足していたとしても採用される可能性があります。ITエンジニアは人材不足になっているため、ポテンシャル採用を行うこともよくあるからです。重要なのは必ずしも実力ではなく、採用してから現場で同僚として働くのに適した人格を持っていることという場合も少なくありません。そのため、面接ではいかに好感度を上げて良い人材だと認識してもらえるようにするかが重要になります。

準備なしでできる対策とは

好感度を上げるための対策には様々なものがあります。スーツやビジネスグッズなどを揃えたり、髪型などに気を払ったりして見た目で印象を良くする方法はよく用いられているでしょう。また、受け答えをする上で基本的なマナーを守れるように学んでおくことも重要になります。このような対策には時間がかかりがちですが、あまり準備ができないという場合にもちょっとしたことで好感度を上げることが可能です。相手の話を聞き取ったら、自分なりの言葉に変えて、こういうことですね、という受け答えをする方法は効果的でしょう。これによって相手が話をしている内容を正しく理解していると認識してもらえるでしょう。会話が成り立つのはコミュニケーションをする上で必須なので、気をつけておきたいポイントです。