未経験でも必要な資格って?

IT業界の就職に役立つ資格を取得しよう

IT業界では、一から若手のエンジニアを育てようとする企業が多くあり、プログラミングやシステム開発、ネットワーク管理などの専門的なジャンルに安心して取り組めるようになりつつあります。また、IT企業の中には、初歩的な情報処理の知識や技術の有無を判断するため、未経験者の中からITパスポートや基本情報処理技術者を持つ人を優先的に採用するところも増えています。そこで、IT業界の就職を希望するにあたり、通信教育や予備校などを利用して、就職活動の際にアピールできる資格取得を目指すことがおすすめです。なお、企業によっては有資格者を対象に手当の支給を行っているところもあり、収入アップをしたい人にも将来的に大きなメリットがあります。

未経験者でも挑戦しやすいITの仕事を探そう

IT関係の仕事に関心がある場合には、未経験者でも取り組みやすい職種を調べてみましょう。例えば、プログラマーやウェブデザイナーなどは、市販品のテキストを使って基本的な知識を学ぶことができ、就職後の研修を通じて実務に役立つ技術を習得しやすいといった特徴があります。また、こうした職種を経験した後に、システムエンジニアやプロジェクトマネージャなどの専門性の高いものにチャレンジをする人も増えており、IT業界で長く働くためにスキルの向上を目指しやすい仕事を見つけることが大切です。その他、大手のIT企業の中には、数年ごとに新しい職種に取り組めるところもあり、色々な業務を通じて適性のあるジャンルを極めたい人におすすめです。